葬儀の達人直伝!失敗しない通夜と告別式の作り方!

葬儀をしなければならない!その時、あなたは故人や参列してくれる人たちに失礼のない葬儀を作り上げることができるだけの知識があるでしょうか?

葬儀の達人!TOP  >> 葬儀・葬式の準備 >> お坊さん・僧侶の手配について
 
葬儀の達人、人気記事 TOP10
おすすめリンク
おことわり

  このサイトに掲載している情報は、全て事実です。 このサイトについて掲載している情報は、私が父の葬儀を営む上で役に立った知識やノウハウをお伝えしています。

 このサイトの情報を活用することで必ず安く立派な葬儀を営める補償をするものではありませんのでご了承ください。

ご遺族の方の葬儀の運営に少しでもお役にたてることを切に願っております。


このサイトについて

お坊さん・僧侶の手配について

親戚でも家族の中にでも、お坊さんに知り合いがいるのなら その人に頼むと良心的に葬儀で読教を上げてもらえる。

今回は葬儀の達人が、知り合いのお坊さんを手配してくれました。

お坊さんに頼むのは、

 ・お通夜での読教
 ・告別式での読教
 ・戒名
 ・初七日の法要 (略式で、告別式の時にやってしまう場合)

お通夜と告別式でお経を読み上げて父を弔ってもらった。

それとは別に、戒名も必要になる。 戒名は、あの世に行ってからの名前と考えればいい。

文字数によって戒名の値段が変わってくる。 戒名は、次数が多いほど立派なものとなる。

高いものは100万とか150万円とも言われている。

そもそも戒名は、信仰の厚い人などその寺社への貢献度によって与えられていたものだそうで 、言い方は悪いけど、お金を持っている人が立派な戒名を自分にもつけてほしいということで 戒名をお金で買うということが通例となってきたようです。

最後にたくさんお布施(寄付)をするのでいい戒名を付けてくださいねということなのだそうです。

なので、ありがたいものなのか?というところに疑問がはあるのですが 昔の人はこだわる人もいるようで どうしてもいい戒名が欲しいとなった時には、お布施をはずむことになります。

葬儀の達人も言っていましたが、お坊さんを呼ぶ費用と戒名は、値段があってないようなもので
どれくらいの金額をお布施をちて用意すれば失礼がないのか?

その金額については、お坊さんに聞いてしまった方位が早いということです。

金額が決まっていることもありますし、そうでないこともあります。
ちなみに今回は葬儀の達人がお布施の額の確認をしてくれましたので その額でOKと成りました。

そのほかのお坊さんの手配の方法としては、葬儀社に手配を頼む方法もあります。

もうひとつは、葬儀会場付のお坊さんを手配してもらうという方法もあります。



 
葬儀の達人!TOP >> 葬儀・葬式の準備 >> お坊さん・僧侶の手配について
|   サイトマップ  |   メール  |