葬儀の達人直伝!失敗しない通夜と告別式の作り方!

葬儀をしなければならない!その時、あなたは故人や参列してくれる人たちに失礼のない葬儀を作り上げることができるだけの知識があるでしょうか?

葬儀の達人!TOP  >> 葬儀・葬式の準備 >> 葬儀の達人流!価格交渉術
 
葬儀の達人、人気記事 TOP10
おすすめリンク
おことわり

  このサイトに掲載している情報は、全て事実です。 このサイトについて掲載している情報は、私が父の葬儀を営む上で役に立った知識やノウハウをお伝えしています。

 このサイトの情報を活用することで必ず安く立派な葬儀を営める補償をするものではありませんのでご了承ください。

ご遺族の方の葬儀の運営に少しでもお役にたてることを切に願っております。


このサイトについて

葬儀の達人流!価格交渉術

葬儀をするなかで必要となってくるもので、葬儀社に用意をしてもらうものが数多くあるんだけど葬儀の達人が言うには値段が変わってくるものと値段が変わらないものがあるそうです。

たとえば、自宅に寝かせてある遺体のを保冷するためのドアライアイスは、値段は一つしかありません。

ドライアイスが、1日分3000円だったら、2日分で6000円となります。

高級ドライアイスを使うと、1日分が8000円になりますといったことは無いのです。

ドライアイスは、遺体が傷まないようにするのに絶対に必要なものですし、値段も変わらないものとなります。

でも、霊柩車を選ぶ時には、国産車にするか?外車にするか?で数万円の差が出ててきます。
外車でも高級なものにすれば、さらに価格は高くなってしまいます。

葬儀の達人の話を聞いていると「確かに!」といった感じです。

そこで、葬儀の達人が教えてくれた価格が変わるものの代表は以下のものがあります。

 ・御棺
 ・骨壺
 ・霊柩車
 ・車 (マイクロバス・ハイヤー)
 ・返礼品
 ・飲食費 (振る舞い・精進落とし・飲み物代)


それでは、個別にどのように価格が変わってくるのかをお伝えしていきましょう。


遺体の棺

御棺は、価格がピンキリになっています。

何で価格が変わってくるかというと棺の

 ・ 大きさ
 ・ 材質
 ・ デコレーション

によって価格が変わってきます。

亡くなった人の体が大きければ、それを収めるための棺はおのずと大きくなります。

女性であれば、基本のサイズでいいようですが、男性の場合は170センチを超えるような慎重だったり、少しか恰幅のいい方だと必要に応じた御棺のサイズアップが必要なようです。

材質は、ひのき・桐、布張りなどの素材によって価格が違ってきます。

デコレーションは、白木の彫り物、絹の布張りなどで価格が違ってきます。

祖母の葬儀の時の記憶をたどると白木の御棺であったのを思い出します。

白木の御棺では貧相ということは全くなく、迷わずに白木の御棺を選択しました。

ちなみに桐の白木は、御棺としては一番安いものとなります。

御棺の価格は、5万円程度〜100万円以上まで、本当にピンきりといえます。


骨壷
骨壷 も価格は、ピンキリです。

大理石製・七宝装飾・青磁・シンプルな白とランクがあります。

大理石の骨壺となると、5万円などの価格となります。

骨壺に戒名を入れると価格は上がりますし、骨壷を覆う布袋も金糸を使ったものとシンプルな白の布の覆いでは価格が違ってきます。

細かくオプションがあり価格が変わっていくわけです。

今回の葬儀では、白い陶器の骨壺で白い覆い布と一番シンプルなものを選びました。

もちろん価格も 一番安価になりました。

骨壷に金字や戒名を入れるとオプション価格で値が吊り上っていくことになるので、もちろん名前も父の名前だけを黒文字で入れてもらうことにしました。



霊柩車

霊柩車は、白木の社が乗っかっている昔ながらの霊柩車と荷台が革張りになっているシンプルな霊柩車と2パターンがあります。

白木の社の載っている霊柩車の方が高いのかと思っていたのですが、価格は一緒で、霊柩車としての古い型で、葬儀屋さんが言うのは、今はあまり要望する人がいないとのことでした。

今は、革張りの霊柩車の方が一般的ですということで革張り霊柩車を選択しました。

革張りの霊柩車でも国産車、外車、高級外車と3つにグレードがわかれています。

国産車でもクラウンだったので躊躇もなく国産車で決定です。

高級外車のリンカーンにすると3万円プラスといったところです。


葬儀のマイクロバス・ハイヤー

葬儀会場から斎場(火葬場)に移動をするときには、マイクロバスでの移動となります。

もちろん、葬儀を出す遺族が手配をします。

僧侶(お坊さん)も斎場に移動をしますが、マイクロバスに同乗するのではなく、お坊さん用にハイヤーの用意をするのが通例です。

マイクロバスの1台のレンタル価格(※もちろん運転手もついています。)は変わらないんだけど、葬儀会場から斎場に移動する人数が多ければ、マイクロバスを2台にするということも考えなければならなくなるのです。

ここで葬儀の達人の初めに教えてもらった金言が効いてきます。

 【 通夜は華やかに、火葬はしめやかに 】

葬儀の達人が言っていた、「火葬場へは、身内だけ行けばいいんだよ。」といっていたのは、ここにも生きてくるみたいで確かに家族・近親者のみならマイクロバス1台で十分に足りるのです。

ということで、斎場(火葬場)へは身内だけが行くことを家族内で確認して、マイクロバスを1台手配しました。

「 斎場(火葬場)へ来てくれるならどなたでもどうぞ。」としてしまうと人数が読めなくなり、マイクロバス2台が必要ということも起こるのです。

精進落としの食事の用意も大変なことになってしまいます。

マイクロ場その価格は、1台3万円程度ですがタクシーと同じで10キロ以降は、距離によって価格が加算されていきます。


お通夜の返礼品

葬儀の達人が言うのは、返礼品は、即日返しをしてしまった方が後々楽になるということです。

返礼品用のパンフレットがあってカタログギフトのようにいろいろな商品並んでいて、その中から選ぶ形になります。値段も準備する商品によって様々です。

基本的に受け取る香典は、5000円から1万円の場合がほとんどとなります。

葬儀の達人が言うのは、返礼品は用意をしなくても失礼ではなくて何かをお返ししなければと思う人が多いから生まれた文化なのだそうです。

ハンカチと礼状とお茶や海苔などの後に残らないもので返礼するのが、常識となっています。

葬儀社は、3500円ほどの返礼品と600円のハンドタオルを勧めてきました。

一人あたりに、4100円の返礼品を用意するということです。

私と葬儀社の人が話しているその横で、葬儀の達人が電卓をたたいています。

一般葬にするので、

  参列者100人 × 4100円 = 41万円

葬儀の達人が、「シンちゃん、こんなもんでいいと思うよ。」と言って提示してきたのが、

2500円のお茶と600円のハンドタオルと礼状です。

 参列者100人 × 3100円 = 31万円 

その差は、10万円にもなります。

葬儀の達人が言うには、「3分の1返しをすれば、全く失礼はないから。」とのこと。

1万円までの香典には、3100円の返礼で十分なのだそうです。

あとで、葬儀の達人に言われたのですが、「返礼品が1000円違うと100人参列すれば10万円、200人参列すれば20万円も金額が変わってくるんだぞ!」と。

葬儀の達人。確かにその通りです。

焦っていると、この冷静な判断ができなくなるのです。それに葬儀社の人に「これくらいが一般的です。」なんていわれると「そうなのかな?」と思ってしまいます。



振舞い・精進落し

お通夜の後の振る舞いの食事(お寿司、てんぷら盛り合わせなど)と告別式の後の精進落としについては、葬儀社が持ってきたメニューを見させてもらっておおよそ見当をつけた程度で注文はしませんでした。

葬儀の案内をまだ出していないので、参列者の人数の検討がつかないからです。

人数が確定していないので頼みようがないというのと、人数がわからないままだと「足りなくなっては失礼だ。」という心理が働いて、余分に食事の注文を出してしまう恐れがあるからです。

葬儀の達人は、注文の最終の締め切りを確認してくれました。

通夜の前日の夕方までに注文をすれば間に合うとのことなので、丸1日の猶予を貰えました。

葬儀の達人は、「 ギリギリのタイミングで注文すればいいよ。」とアドバイスをくれました。

精進お年については、マイクロバスで斎場に移動するときに数を確定させてもらうことにしました。

これで、料理の数を頼み過ぎるということはなくなるはずです。

食事は、すし桶ひとつ、弁当一つが数千円しますから、5つ違っただけでも2万円、3万円の差になるわけです。


葬儀費用はどれだけ変わる

ではここで、葬儀社の言いなりになってしまった場合のことを考えてみましょう。

とはいえ、葬儀社もだましているわけではありませんので念のため。

ちなみに、いろいろをオプションをつけて価格がわかるのは最後の最後です。葬儀社がその場で見積もりを作ってくれます。

こちらの希望を取り入れた見積もりを提示してもらったそのときに始めて葬儀費用を目の当たりにすることになります。

例えば、こんな変更をかけてしまうと

 お棺のサイズアップ・素材をいいものに変更   20万円プラス
 骨壺は、青磁・戒名を筆入れに変更       2万円プラス
 霊柩車は、外車に変更              1.5万円プラス
 マイクロバスを2台に変更              3万円プラス
 返礼品を4100円のもに変更          10万円プラス
 振る舞い・精進落としをグレードアップ       4万円プラス

                            計 40.5万円

その差は、40万円です。こんな違いが出てくるのです。

ちょっと極端な例かもしれませんが、簡単に10万円、20万円の差が出てしまうことが解っていただけると思います。



 
葬儀の達人!TOP >> 葬儀・葬式の準備 >> 葬儀の達人流!価格交渉術
|   サイトマップ  |   メール  |