葬儀の達人直伝!失敗しない通夜と告別式の作り方!

葬儀をしなければならない!その時、あなたは故人や参列してくれる人たちに失礼のない葬儀を作り上げることができるだけの知識があるでしょうか?

葬儀の達人!TOP  >> 葬儀・葬式の準備 >> 遺影を作ってもらおう
 
葬儀の達人、人気記事 TOP10
おすすめリンク
おことわり

  このサイトに掲載している情報は、全て事実です。 このサイトについて掲載している情報は、私が父の葬儀を営む上で役に立った知識やノウハウをお伝えしています。

 このサイトの情報を活用することで必ず安く立派な葬儀を営める補償をするものではありませんのでご了承ください。

ご遺族の方の葬儀の運営に少しでもお役にたてることを切に願っております。


このサイトについて

遺影を作ってもらおう

祭壇に飾る遺影を作ってもらうことになるんだけど、亡くなる前に遺影用の写真を準備をしている人はそれを使えばいい。

遺影用の写真を準備がない人は、普段撮影した写真の中から適当な写真を選ぶことになる。

葬儀の達人曰く、今の写真加工技術は非常に高くなっているとのこと。

サイズは、極端な話普通のスナップ写真で親指サイズの顔写真なら引き延ばして遺影の写真にしてもらえるそうです。

でも、大きさが小さければその分大きく引き伸ばした分ピンボケをしたような写真になってしまう。

なので大きめの写真を選んだ方が方がいい。

たとえば、飲んだ時に撮った写真で赤ら顔ではあるけど非常に表情のいい写真ってありますよね。

そんな酔っぱらいの赤ら顔の写真でも今の写真加工技術なら、赤い酔っぱらいの顔を普段の肌の色に変更することも簡単にできるのです。

なので、いいなと思える写真があったら、葬儀社の人に加工ができるのかを聞いてみるといいのです。

たいていの場合は、加工をしてもらえます。

不細工な顔をハンサムにしてとか、小指ほどの会写真を引き延ばしてピンボケしないようにというのは無理だということですが・・。



 
葬儀の達人!TOP >> 葬儀・葬式の準備 >> 遺影を作ってもらおう
|   サイトマップ  |   メール  |