葬儀の達人直伝!失敗しない通夜と告別式の作り方!

葬儀をしなければならない!その時、あなたは故人や参列してくれる人たちに失礼のない葬儀を作り上げることができるだけの知識があるでしょうか?

葬儀の達人!TOP  >> 葬儀・葬式の準備 >> 供花の手配に手間をかけない方法
 
葬儀の達人、人気記事 TOP10
おすすめリンク
おことわり

  このサイトに掲載している情報は、全て事実です。 このサイトについて掲載している情報は、私が父の葬儀を営む上で役に立った知識やノウハウをお伝えしています。

 このサイトの情報を活用することで必ず安く立派な葬儀を営める補償をするものではありませんのでご了承ください。

ご遺族の方の葬儀の運営に少しでもお役にたてることを切に願っております。


このサイトについて

供花の手配に手間をかけない方法

供花の手配は、葬儀社ならどこでも同じで、通夜の前日の夕方を目標に注文をすれば間に合います。

故人の訃報を知った方が、供花を出したいと申し出てくれます。

花の出し方の方法は2つあります。

 1、花を出したい人が自分で花屋に手配をして当日葬儀場まで届けてもらう
 2、花を出したいと喪主に連絡が入る

1の場合は、お礼を言って、よろしくお願いいたします。で花を提供してもらえばいい。

2の場合に必要になってくるのが、葬儀社の花の受付連絡先を案内することです。

自分達で供花の手配を受けてしまうと、FAXを送ったり住所や電話番号を調べるために何度も供花の申し入れをしていただいた人に連絡を入れたりすることになる。

なれないことなので、仲介がうまくいかなくなるのだそうです。

余計な手間が増えてしまうので、供花の申し込みをしたいといわれたら、葬儀社の連絡先を案内しすようにしまよう。

葬儀社には、供花の受付をする連絡先があるので、事前に確認をしておくといい。

ちなみに、葬儀の達人が言うのは、供花の値段は決まっているとのこと。

葬儀社のパンフレットを見ると15000円から30000円程度のものまでいろんな供花がある。

葬儀の達人は、花を出したいといわれたら基本は、15000円の花を手配すればいいと教えてくれた。

もし、花を出しておいてください。と頼まれてしまったら15000円の花を出すと覚えておきましょう。



 
葬儀の達人!TOP >> 葬儀・葬式の準備 >> 供花の手配に手間をかけない方法
|   サイトマップ  |   メール  |