葬儀の達人直伝!失敗しない通夜と告別式の作り方!

葬儀をしなければならない!その時、あなたは故人や参列してくれる人たちに失礼のない葬儀を作り上げることができるだけの知識があるでしょうか?

葬儀の達人!TOP  >> 葬儀・葬式の準備 >> お金(お香典)の管理について
 
葬儀の達人、人気記事 TOP10
おすすめリンク
おことわり

  このサイトに掲載している情報は、全て事実です。 このサイトについて掲載している情報は、私が父の葬儀を営む上で役に立った知識やノウハウをお伝えしています。

 このサイトの情報を活用することで必ず安く立派な葬儀を営める補償をするものではありませんのでご了承ください。

ご遺族の方の葬儀の運営に少しでもお役にたてることを切に願っております。


このサイトについて

お金(お香典)の管理について

葬儀の達人から、お金(お香典)の管理については、

「 何かトラブルがあると受付を手伝ってくれた人も頼んだシンちゃんも嫌な思いをすることになるので管理は厳重にした方がいい。」

とのアドバイスがあった。

お金(お香典)に回収は、必ずシンちゃんがしなさいとのことだった。

お香典の受取りについては、6人お手伝いさんの中のリーダーを決めて後で、私がお金を引き取りに来ることを伝えた。

受付については、ルールを決めてスタートしたのでスムースに進みました。

途中で混乱などをしていないかの状況を見るために席を離れただけで後はお任せで済んだので非常に助かりました。

通夜が終わった後についても、葬儀の達人からアドバイスがありました。

通夜が終わるとお金を回収するのだけど、葬儀という特殊な状況なので注意力が散漫になっているのでトラブルが多いとのこと。

なので、参列者が途切れた頃を見計らってお金は回収をしなさいと。

お金を回収したら金額を確認して信頼できる人にお香典を預かってもらうようにしなさいと。

実際にそうでしたが、通夜の告知をした時間を過ぎて足を運んでくれる人もいるので、きっちり予定した時間通りに終わるというのは難しいのです。

なので、参列者が途切れたころを見計らって、受付を手伝ってもらった人にも手伝いを切り上げてもらう必要があります。

受け取ったお香典については、後日お金を取りに行ける距離に住んでいる人で通夜が終わったらそのまま自宅に帰る人に預けなさいととのことだった。

遺族なので振る舞いの席でのあいさつ回りなどがあり、席を立つ場面が多いので、ずっと手元に高額の現金を置いておくのはよくないとのことだった。

確かに、顔の知らない人が大勢出入りするので、その中に香典目的の泥棒が混じっていても分からないのです。

なので香典は金額を確認した後に、金額を書いた紙を入れてテープできちんと封をして、義理のお父さんに預けることにしました。



 
葬儀の達人!TOP >> 葬儀・葬式の準備 >> お金(お香典)の管理について
|   サイトマップ  |   メール  |