葬儀の達人直伝!失敗しない通夜と告別式の作り方!

葬儀をしなければならない!その時、あなたは故人や参列してくれる人たちに失礼のない葬儀を作り上げることができるだけの知識があるでしょうか?

葬儀の達人!TOP  >> 葬儀・葬式の準備 >> 葬儀風景の撮影の手配をしよう
 
葬儀の達人、人気記事 TOP10
おすすめリンク
おことわり

  このサイトに掲載している情報は、全て事実です。 このサイトについて掲載している情報は、私が父の葬儀を営む上で役に立った知識やノウハウをお伝えしています。

 このサイトの情報を活用することで必ず安く立派な葬儀を営める補償をするものではありませんのでご了承ください。

ご遺族の方の葬儀の運営に少しでもお役にたてることを切に願っております。


このサイトについて

葬儀風景の撮影の手配をしよう

身内で写真を取ってくれる人に頼むか、写真屋に頼むみましょう。

葬儀の達人がいなければ思いっきり抜けていたところです。

写真屋については 、葬儀社からの案内は全くありませんでした。

葬儀も一大セレモニーで後に残る遺族がある場合には、撮影を頼んでおいた方がいいよとの葬儀の達人からのアドバイスでした。

確かに、と思ったけど自分たちでは写真を取れるはずもないので頼むしかありません。

写真が好きな親戚がいれば、その方に写真撮影を頼むのもいいのですが、基本は写真屋さんに撮影してもらうのがいい様に思います。

費用がかかることなので、告別式だけ撮影をしてもらうのもいいでしょう。

我が家の葬儀は、告別式だけを撮影してもらうことにしました。

父の祭壇を背にして家族写真も撮ったし、棺に収まっている父の姿も撮ってもらった。

父と家族の最後の記録と思えば、撮影はしておいてもいいのかもしれません。



 
葬儀の達人!TOP >> 葬儀・葬式の準備 >> 葬儀風景の撮影の手配をしよう
|   サイトマップ  |   メール  |