葬儀の達人直伝!失敗しない通夜と告別式の作り方!

葬儀をしなければならない!その時、あなたは故人や参列してくれる人たちに失礼のない葬儀を作り上げることができるだけの知識があるでしょうか?

葬儀の達人!TOP  >> 葬儀の基礎知識 >> 死亡届と銀行口座の関係
 
葬儀の達人、人気記事 TOP10
おすすめリンク
おことわり

  このサイトに掲載している情報は、全て事実です。 このサイトについて掲載している情報は、私が父の葬儀を営む上で役に立った知識やノウハウをお伝えしています。

 このサイトの情報を活用することで必ず安く立派な葬儀を営める補償をするものではありませんのでご了承ください。

ご遺族の方の葬儀の運営に少しでもお役にたてることを切に願っております。


このサイトについて

死亡届と銀行口座の関係
葬儀をする際にこんなことを良く聞きます。

 【死亡届を提出すると故人の銀行口座が凍結されて
                  お金の引き出しが一切できなくなる。】


というようなことを聞いたことがあるかもしれません。

しかし、これはごく限られた一部の人だけが対象と思っておいていいでしょう。

たとえば、誰でも知っている一流企業の社長さんの場合などです。

死亡届を提出すると銀行にその死亡情報がすぐに流れて、その瞬間に口座が凍結されるシステムなど存在しません。

ですから、【 死亡届の提出 = 銀行口座の凍結 】 とはなりません、

仮にあるとすれば、町会などの掲示板に故人の葬儀情報が掲載されますので、その情報を銀行の人がたまたま目にして口座を凍結するということはあり得るかもしれませんが・・・。

ですが、そんなことは、ほとんど起こるはずもなく、死亡届を提出した後でも普通に故人の口座からお金を引き出すことは可能なのです。

もちろん、銀行に死亡したことを届け出れば、その時点で口座は凍結しまいます。故人のお金は、遺産扱いになるからです。

ちなみに遺族が銀行窓口での引き落としすることはできません。必ず、故人の委任状が必要になるからです。

銀行窓口に足を運んで、「主人が亡くなったので変わりに預金の引き出しをしたい。」などといわないようにしましょう。

なので、基本はATMでの引き出しになります。

ATMのカードも無ければ、暗証番号もわからないとなると口座からのお金の引き出しは困難になるかもしれません。

現在、 ATMで1度に引き落とせるのは、50万円と制限がかかっています。

なので、相応にお金が口座にある場合には、ATMで計画的に毎日銀行にお金をおろしに行くことになります。

ちなみに銀行口座が凍結されてしまった場合には、口座凍結解除手続きが必要になります。

口座凍結解除手続きには、2ヶ月ほどかかると思っていた方がいいでしょう。
 
故人の口座から葬儀費用を出したいときやお金を引き出せない場合に生活ができないようなときには、銀行への申請をすることで150万円程度を上限に預金の引き出しが可能となります。

たとえ凍結されていたとしても葬儀費用については払い出しが可能となるわけです。

葬儀費用を故人の預金から出す場合には、葬儀費用の領収書が必要になりますので、葬儀の間はお金の立替が必要です。

葬儀が終わり、葬儀社への支払いを済ませた後に手続きをして、口座からのお金の引き出しとなります。



 
葬儀の達人!TOP >> 葬儀の基礎知識 >> 死亡届と銀行口座の関係
|   サイトマップ  |   メール  |