葬儀の達人直伝!失敗しない通夜と告別式の作り方!

葬儀をしなければならない!その時、あなたは故人や参列してくれる人たちに失礼のない葬儀を作り上げることができるだけの知識があるでしょうか?

葬儀の達人!TOP  >> 病院で息を引き取ったら >> 自宅で亡くなった場合の対応
 
葬儀の達人、人気記事 TOP10
おすすめリンク
おことわり

  このサイトに掲載している情報は、全て事実です。 このサイトについて掲載している情報は、私が父の葬儀を営む上で役に立った知識やノウハウをお伝えしています。

 このサイトの情報を活用することで必ず安く立派な葬儀を営める補償をするものではありませんのでご了承ください。

ご遺族の方の葬儀の運営に少しでもお役にたてることを切に願っております。


このサイトについて

自宅で亡くなった場合の対応
何よりも先に、死亡の確認をしてもらうおう。

不審死でないことを証明するために近くのかかりつけ医にたのんで死亡確認をしてもらう必要があります。

これはなるべく早く医師に死亡確認をしてもらうこと。息を引き取ったらすぐに対応をしてもらおう。

スムースに対応してもらうために事前に自宅で看取るつもりであることと体の状態などは、医師に伝えしておいた方がいい。

状況がわかっていればすぐに死亡届を作ってもらえる。

いきなり、亡くなったので死亡確認をしてくださいとなると経緯がわからない医師も簡単には死亡届を書くことができなくなる。

死亡届が無ければ、葬儀も出すことはできない。

ややこしいことにならないためにも事前のかかりつけ医への連絡を忘れずに。



 
葬儀の達人!TOP >> 病院で息を引き取ったら >> 自宅で亡くなった場合の対応
|   サイトマップ  |   メール  |